あなたは何をしていたかが重要

- あなたは何をしていたかが重要

あなたは何をしていたかが重要

夢の中で何かをしていたという人はたくさんいるでしょう。
夢の中だからこそできることもあります。
たとえば空を飛んだり、どこかから落ちたり。
さまざまな行動であなたの運勢が決まってくるのかもしれません。
それも占いの範疇で、きっとあなたのこれからを見てくれるはずです。


飛ぶ夢

良く見られると言われる飛ぶ夢、空を自力で飛ぶことができない人間だからこそ飛びたいと願うものだと思います。
飛ぶ夢にはさまざまな憶測が見られ、占いの中でも定番になりつつあります。
まず、飛ぶという事は自分の自信の度合いを表します。
なんのジャマもなく普通にすいすいと飛んでいる場合は、今の状況が順風満帆であることを象徴しています。
つぎに、飛ぶことには、欲求不満を表していると言われています。
最近欲求不満になってはいませんか?
新しい恋人が欲しいと思っている場合にもこのような夢を見るようです。

怒られる夢

一見すると運勢が下がってしまいそうで、悪い夢だと思われがちですが、これは自分のためになる夢です。
怒られるという事を無意識に考えている場合、自身が甘えていることを自覚しているという状況を指します。
また、この怒られている内容が、自分のためになる、自分が毎回失敗しているという内容であれば、自分自身が気を付けるように自己暗示をしていることにもなります。
怒られることにはもう一つ、寂しさを感じているという場合もあります。
誰かに怒られるというのは自身の存在を把握されているという安心感があるという事ですので、欲求として現れるようです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 夢占いで運勢を調べよう!見た夢で分かる深層心理とは? All Rights Reserved.